日本結核・非結核性抗酸菌症学会 THE JAPANESE SOCIETY FOR TUBERCULOSIS AND NONTUBERCULOUS MYCOBACTERIOSIS
学会ニュース

「結核医療の基準」の一部改定について


2021年10月18日付、厚生労働省健康局結核感染症課長より、「結核医療の基準」の一部改正について、が通知されましたのでご参考ください。

治療委員長 吉山崇/ 広報HP委員長 松本智成/ 理事長 礒部威

内容は、
1.潜在性結核感染症治療において、イソニコチン酸ヒドラジドとリファンピシンの3-4カ月併用療法を新たに採択したこと、と、リファンピシンの4カ月治療を、INH が使用できない場合、のみから、INHの副作用が予測される場合、にも拡大したこと、および、
2.多剤耐性結核症の治療について、薬の種類は変わりませんが、その優先順位を変えたこと
です。なお、学会の勧告 (本邦における多剤耐性結核治療に対する考え方、結核2020;95:79-84)では記載のある薬のうち、リネゾリド、クロファジミンなど、結核薬として承認されていない薬については、記載されておりません。それらの薬の臨床上の位置づけについては、学会勧告およびその参考文献などをご覧ください。

 結核医療の基準の変更 (添付ファイルまたは)  

医療基準改正(2021年10月)通知一式

著作権について
日本結核・非結核性抗酸菌症学会ホームページのサイトで掲載されている情報、写真、イラストなど文字・画像等のコンテンツの著作権は、日本結核・非結核性抗酸菌症学会に帰属いたします。これらの情報は、「私的使用」又は「引用」など著作権法上認められた場合を除き、日本結核・非結核性抗酸菌症学会に無断で転載、複製、翻訳、販売、放送などの利用をすることはできません。
リンクについて
日本結核・非結核性抗酸菌症学会へのリンクは営利を目的とせず、当学会ホームページをフレーム内におさめないなど一定の条件を満たしている場合に限り、原則として自由です。しかし、当学会の事業や信用を害する恐れがある場合はリンク自体をお断りすることがあります。
PAGETOP